日別アーカイブ: 2021年8月1日

やっぱり美味しいものは正義です

4歳の男の子を持つ母です。
子供はとにかく可愛くて、元気な姿やできることが増えていく姿に日々癒されています。
ただ、どんどん体力がついていき、やんちゃ感が更新されていきます。

自我が芽生えてきて嫌だと主張することも増え、それに伴い私が大きな声で注意をすることも増えました。
怒る側も体力がいるし、どっと疲れます。
そんな毎日のちょっとしたイライラが積み重なり、ストレスへと繋がってしまいます。
そんなときの私のストレス発散方法は、大好きな甘いものや美味しいものを子供のお昼寝中にこそっとのんびり食べることです。

ストレスが溜まったからといって子供を置いて外に出るわけにもいかないし、主婦なのであまり贅沢はできません。
なのでご褒美がてらコンビニスイーツや好きなケーキ屋さんで一つケーキを買って子供がお昼寝したタイミングでゆっくりおやつタイムをします。
自分の時間が持てるし、美味しいものを食べると幸せな気持ちになるのでしばらく頑張れます。

私の仕事は人と関わることが多い仕事です。
特にお客様が企業の社長が多く、様々な社長がいます。
その様々な社長が原因でストレスを感じることが多々あります。
ワガママな社長や頑固な社長や話を全く聞かない社長など十人十色です。
こちらからお願いや依頼をしても、全く聞き入れてくれないどころか、逆切れしてくることもあります。

自分の職場もチームプレーというより、個人プレーが多い職場なので、助けてくれる人もいません。
それがより一層、私がストレスを感じる原因ともなっています。
私がストレスを感じた時に、そのストレス解消方法がバレーボールをすることです。

私は中学生から社会人でも今でも長くバレーボールを続けています。
バレーボールをしているときは、チームプレーで皆助けてくれたりフォローしてくれたり、助け合ったりします。
その私のストレス解消方法の効果は1週間くらいは続きます。
また1週間仕事をしてストレスを感じれば、またバレーボールをします。

よりキレイを目指す“あなた”にお奨めしたいサプリ♪

食事を抜くダイエットで私がハッと気づいたこと

食べる量を減らすダイエットは食べるようになればリバウンドしますよ。私が10年近く朝ご飯を食べないダイエットを続けてきて分かったことです。朝ご飯を食べなかったのには理由がありますが、午前中からスポーツクラブでがむしゃらに動いていたため朝ご飯を食べると気分が悪くなっちゃう。ダンスしたりヨガしたり結構運動量が多くてお腹が空っぽの状態がラクだったんです。それでふと気づいたら10年・・・朝ご飯はスポーツクラブに行かない日にちょこっとだけ食べるくらいの生活になっていました。

その生活スタイルだったときは痩せました。運動もしていたし朝ご飯も食べなかったから。これだけのことを続けて痩せない方がおかしいでしょう?家に帰ってくるとお腹がペコペコで食べ過ぎちゃうことも度々だったけど、それでも足りないときは夜食もがっつり食べてしまったけど、そんな食生活でも痩せてました。一時は運動仲間に心配されるくらいガリガリに痩せてました。

だけど生活が変わったんです。安定した生活が10年続き今は別のスポーツクラブに通っています。以前は午前中からがむしゃらに動いていたけど今は午後からゆっくり動く生活。午後から動いて夜までスポーツクラブにいることも。以前とは生活習慣運動習慣が変わり朝の時間があることで朝ご飯を食べるようになりました。そうしたらあっという間に太っちゃいました。

たった一食かもしれないけどその一食が太る原因になる。10年という長い年月食べていなかった一食を食べるようになっただけで痩せにくくなり、今までの努力は何だったのかと考えるようになりました。リバウンドしたくなかったら食事を抜かず運動だけで体重を落とすこと。食事を抜いたら体重が減るのは当たり前だけど、栄養不足を繰り返したカラダは少しの栄養でも敏感に取り込むことを覚えたのでしょう。ちょっと食べ過ぎればすぐにカラダにそれが表れますから・・・。ダイエットは難しいですよ。
ラクルル