日別アーカイブ: 2020年8月6日

ダイエットを続けるには、それまでの習慣を変えること

派遣の仕事が減ってしまった。
節約出来るのは食費を削ることだけ、30代になってからはポッチャリ体型になっていたため、ダイエットにもな
り一石二鳥。
ダイエット初日、ライスの量を減らした。お米は腹持ちするため、スグにお腹が空いてしまった。
ダイエット2日目、お米などの炭水化物は太ると聞いていたので、ライスの量は減らしたまま、オカズを多目に食べると、スグにお腹が減ることはなくなった。
炭水化物の代わりにオカズを多目に取るようになり1週間が経つと、体重に然程の変化は無かったのですが、オカズを充実したためサイフのお金は激減してしまった。

節約のために始めたダイエットなのにお金が減るのはマズイ、お腹が空いては仕事が務まらないため食事量を減らすのは私には出来ない。
食後のデザートなら仕事に差し支えないため、子供の時から食後に食べていたデザートを辞めることにしました。

子供の時からの習慣のため、食後にデザートを食べないと食事が終わった気がしない。
脳を納得させるために、デザートを少しだけ食べてみると、私の脳は少しのデザートでは満足してくれず、結局、いつもどおりのデザートを食べてしまった。
心の弱さを知ってしまった私は、食後、スグに歯磨きをするとデザートを食べたい欲求は抑えることが出来ました。

歯磨きをすると、脳は食への欲求が下がることを知った私は、食事量を減らし、スグに歯磨きを行うことに。
当初は上手くいっていたのですが、子供の頃からの習慣を変えることは大変、デザートが見えると食べたくなるため、食後はスグに風呂に入ることにしました。
浴室なら食べ物は何もない、かつては良い香りのシャンプーを使っていたのですが、それでは食べ物を思い出してしまうため、あえてクサイ香りのシャンプーを使うことにしました。
浴室なら歯磨きも一石二鳥、舌にオカズの匂いが残っていると食欲が出てしまうため、歯磨きついでに舌も歯ブラシでブラッシング。舌の奥のほうをブラッシングすると「オエッ」、毎回吐き気を催すのですが、これをすることで食欲モードは完全に無くなった。

長時間入浴すると体は疲れ良く眠れる、この生活を続けると3ヶ月で体重は5キロ落ちました。

スッポンコラーゲンゼリー 口コミ