日別アーカイブ: 2020年12月16日

食べるより飲むダイエットで便秘とさよならできる

リバウンドをしないダイエットというなら、やはり運動によるダイエットが効果的です。

食べて燃やす、これによってストレスなく、継続的にダイエットができます。

多少、飲み食いした日があっても、リカバリーできるのも運動によるダイエットの魅力でしょう。

有酸素運動は体脂肪を燃やし、無酸素運動は筋肉をつくり、そして体内脂肪までも減少させることができます。

しかし、食事制限によるダイエットは、水分から抜けることにより、身体から潤いがなくなり、肌がガサガサになったり、便秘になりがちです。

宿便となるなら、体重の減量は難しいでしょう。ですから、食事制限では極端に量を減らさないこと、水分はこまめに摂取すること、できるならば、1日に2Lの水分補給を意識しましょう。

もちろん、最近の若者は味がないミネラルウォーターに苦手意識が強いようです。

もちろん、ミネラルウォーターだけで1日2Lを摂取するのはシンドイでしょうし、毎日ならば飽きるでしょう。

リバウンドしないためには、水分補給をスープや水以外で摂取するということです。

例えば、朝の腸活にも推進されているのが白湯です。
冬は人肌程度に温めた白湯をコップ1杯(200ml)摂取します。

しかし、白湯にレモン汁を数滴入れてみたり、フレーバーをスパイスとして入れるだけで、気分転換にもなります。

頭がスッキリしないなら、ミントフレーバーがオススメです。
ランチタイムにはミネストローネがオススメです。

野菜をたっぷり摂取できます。トマトには抗酸化作用のリコピンもたっぷり含まれています。

クラムチャウダーもスープ系で人気なのですが、生クリームやバターが使われる分、カロリーが気になるでしょう。

オニオンスープはコンソメ味ですが、塩分が強めですから、やはりトマトベースのミネストローネがオススメです。

ちなみに、頑固な便秘も改善しますし、腰痛持ちで便秘持ちならば、その原因はお腹の筋肉にあるかもしれません。

大腰筋を中心に腹部のインナーマッスルを緩めることで、便秘ともさよならできます。
https://discover-wester-ross.com/

洋服の下に着けるとスッキリできる着圧下着

仕事が立ちっぱなしで年齢を重ねると浮腫が取れにくくなり脚も太くなって痩せにくくなってきた気がしました。マッサージに行って施術してもらっても一時的に解消しただけで直ぐ元の脚に戻ってしまう感じでした。

そこでよく目にする着圧レギンスはどうだろうと思ってたので思い切って購入して早速履きながら仕事してみたてころいつもなら2,3時間たってくると足首辺りにズシッと重たさを感じてきてたのですがいつもより重たさを感じないと気づきました。初めて一日中履いて仕事をした感想は、なんとなくいいかもしれないと思いました。流石に1日では効果が解りずらかったので3日続けてみようから1週間履いてみようと徐々に履く日を伸ばしていきました。

連日はいた感想は、足の軽さを感じ翌日に疲れが持ち越されなくなって朝から快適に感じた事でした。冬でしたらパンツの下に履いていると暖かくて冷え対策の1つになり一石二鳥でした。夏は薄手のロングティーシャツの下に着たりワンピースに合わせたり回りからは着圧レギンスとはわからないようで普通のレギンスを履いてると思っているようです。友人にも聞いてみましたがまったくわからないと言っていました。

私の悩みは、浮腫とともに脚が太って着たことで(特にふくらはぎ)したが着圧レギンスを日常に取り入れた事によっておきた現象が、ふくらはぎのサイズダウンしたことが何より嬉しい事でした。毎日、朝と晩にふくらはぎをメジャーで測っていました。測りはじめは朝は少しサイズが太く着圧レギンスを履いて日中仕事をし夜帰宅し着圧レギンスを脱いで計測すると1.5センチ細くなっていました。

脚は何をしても簡単にはサイズダウンにならないのに1センチ以上は大きいサイズダウンで大変嬉しい結果となり非常に満足いく製品を購入したと思いました。何故もっと早くから使用しなかったのかそうすれば立ちっぱなしの辛い日々が早くに改善されたのにと思いました。
http://little.girly.jp/