月別アーカイブ: 2020年12月

無理なく簡単ダイエット! 少しの期間ですぐに効果が出ました!

まず、私がダイエットをしようと思い立ったきっかけは、今年の冬にふと自分のお腹を鏡で見ると、お腹の肉がベルトに乗っているような状態でした。

誰からも、最近太ってるなと言われて薄々感じてはいましたが、改めて危機感を覚えました。

さすがにこれは嫌だと思いダイエットをしようと決意。いろいろと情報を入手しました。

調べるとたくさん出てくるのですが、自分が参考にした情報は以下の4点でした。

・自分が太る原因について
・栄養バランスについて
・Youtubeで続けられそうな筋トレ動画を見つける
・痩せやすい体になるには?

まず1点目の太る原因として、自分はご飯やパンなどの炭水化物が好きでよく食べるからだと考えました。特に、ラーメンが大好きで毎日でも食べたいほどでした。

ただ、炭水化物ばかり取っているとなんとなく体が重たくなると感じていたので、白ご飯を玄米に変えたり、大盛りにしていたのを並盛りにしたりといった工夫をしました。

好きだから完全にはやめれませんでした。。。(笑)

次の2点目は、「まごわやさしい」という言葉をネットで見つけました。

 ま…豆類
 ご…ゴマ、ナッツなど
 わ…わかめなど海藻類
 や…やさい
 さ…魚
 し…しいたけ(キノコ類)
 い…いも

です。これらを意識して食べるようにしました。

そして3点目は、自粛期間ということでもあったので家でも出来る運動はないか探しました。負荷の軽いものから汗だくになるものまでいろいろとありました。

自分が継続できるものを選んで続けるのがいいかと思います。

最後の4点目は、食生活も変えて運動もして、でも体重が落ちないという方が多いかと思います。

体重を落とすためには、今ある脂肪は燃焼させる、普段の食事で摂取しているもののうち余分なものはなるべく体に残さない、ということで、2つのことだけ取り組みました。

それは、水を飲むことと歩くことです。水は1日2リットル飲むといいと言われていますが、その飲み方にもコツがあり、一気に飲むのではなくちびちびと飲むのがいいそうです。

歩くことについては、iPhoneとかだと自動で歩数をカウントしてくれてたりするのでその数字寝る前に見るだけでも達成感を得られます。

そして、目標を1日1万歩で設定してて、普通に過ごした時に8000歩とかだったら通勤で使う駅から1駅歩くだけでもだいぶ歩数を稼げます。

そんなこんなしてると、2カ月で4キロの減量をすることが出来ました。無理なく痩せたい方はぜひお試しあれ!
https://discover-wester-ross.com/

万年ダイエッターからしっかり学んでチャレンジ

万年ダイエッターと言う人がいますが、ただ単に達成できていないだけ、そうした誤解をしている人もいるようですが、実際、ダイエットはリバウンドがつきものです。

しかし万年ダイエッターと呼ばれる人たちは、リバウンドすらしていないでしょう。

体型を維持することがどれだけ難しいか、ダイエットに挫折しているのであれば理解できるのではないでしょうか。

維持できる意志の強さがあるからこそ、そうした人たちから学ぶことが利に適っています。

例えば、肥満に繋がる食べ方をしていたからこそ、できるだけ避けることを心がけている話しも耳にします。

もちろん、社会的な内容でいえば、接待などではどうしても一緒に食べないと悪いから、空気を読むことが必要になります。

お腹がさほど空いていないのに、会席料理を食べることになるシチュエーションは社会人にはあるあるネタとしての鉄板ネタでしょう。

胃袋やお腹の鳴り具合よりも、付き合いは優先せざるを得ないものです。

ですが、急に接待になるワケではないでしょうから、その日の1食目を会席料理にする、そうした帳尻合わせをするのが万年ダイエッターなのです。

急に上司に飲みに誘われるなら、笑顔でまたの機会にと断るようにしているようですし、健康診断で引っかかってるのでっとウソをつくことで回避しているようです。

不健康になったところで、上司が責任をとってくれるワケではない、そうした竹を割った性格でなければ続かない声も聞かれています。

また、ダイエットをする人の大半は、3食バランスよく食べることを意識するでしょう。

栄養バランスを頭で考えたり、最近ではアプリケーションを使ってより手軽にバランスを考えることができ、組み合わせ方に迷いもないようです。

しかし、先に述べたようにお腹が空いていないのに、無理に朝昼晩、3食きっちり食べる必要はありません。
朝になったから朝ごはんを食べる、そうした考えでお腹に食べ物を入れる必要はありません。

きっちり図ったつもりでも、微妙にカロリーオーバーしているようです。量も調節しましょう。
https://musicforyourheart.com/

食べるより飲むダイエットで便秘とさよならできる

リバウンドをしないダイエットというなら、やはり運動によるダイエットが効果的です。

食べて燃やす、これによってストレスなく、継続的にダイエットができます。

多少、飲み食いした日があっても、リカバリーできるのも運動によるダイエットの魅力でしょう。

有酸素運動は体脂肪を燃やし、無酸素運動は筋肉をつくり、そして体内脂肪までも減少させることができます。

しかし、食事制限によるダイエットは、水分から抜けることにより、身体から潤いがなくなり、肌がガサガサになったり、便秘になりがちです。

宿便となるなら、体重の減量は難しいでしょう。ですから、食事制限では極端に量を減らさないこと、水分はこまめに摂取すること、できるならば、1日に2Lの水分補給を意識しましょう。

もちろん、最近の若者は味がないミネラルウォーターに苦手意識が強いようです。

もちろん、ミネラルウォーターだけで1日2Lを摂取するのはシンドイでしょうし、毎日ならば飽きるでしょう。

リバウンドしないためには、水分補給をスープや水以外で摂取するということです。

例えば、朝の腸活にも推進されているのが白湯です。
冬は人肌程度に温めた白湯をコップ1杯(200ml)摂取します。

しかし、白湯にレモン汁を数滴入れてみたり、フレーバーをスパイスとして入れるだけで、気分転換にもなります。

頭がスッキリしないなら、ミントフレーバーがオススメです。
ランチタイムにはミネストローネがオススメです。

野菜をたっぷり摂取できます。トマトには抗酸化作用のリコピンもたっぷり含まれています。

クラムチャウダーもスープ系で人気なのですが、生クリームやバターが使われる分、カロリーが気になるでしょう。

オニオンスープはコンソメ味ですが、塩分が強めですから、やはりトマトベースのミネストローネがオススメです。

ちなみに、頑固な便秘も改善しますし、腰痛持ちで便秘持ちならば、その原因はお腹の筋肉にあるかもしれません。

大腰筋を中心に腹部のインナーマッスルを緩めることで、便秘ともさよならできます。
https://discover-wester-ross.com/

私が体系維持のためにしていることは丹田に力を入れるということです。

私は、昔吹奏楽部に入っていました。その時に教わったのですが、丹田に力を入れて過ごすとよいことが多いということを聞きました。

なので私はそれ以降丹田というところを意識して過ごすようにしています。そのおかげか、きれいな姿勢になって、やせた?と言われることが多くなりました。

というのも、丹田を鍛えることによって体感が鍛えられるため、その結果ダイエットにつながるようなんですよね、姿勢もよくなって一石二鳥だと思いました。なので私はそれ以降ずっと丹田を意識しています。

丹田は、おへその下らへんのところを指していますが、そこを中心に力を入れて話をしたり、力を籠める感じで過ごすといいみたいなんですよね。

よく音楽で歌を歌う時も丹田を意識してというような感じで言われているようです。ということで、丹田を意識して毎日過ごすとよいことが起こりそうなので、私はいつも丹田を意識して行っています。

結局丹田を意識することによって私はいつもよりも一生懸命いろいろなことをすることができるようになったので、結局気持ちの面でもストレスが無くなったために痩せやすくなったのだと感じています。

丹田を鍛えることは生半可なことじゃできないなと一番初めに思ったので、しっかりと鍛えていくことが良さそうだと思いました。

それにいろいろと実践してみて私はこの方法が一番合っていたので三日坊主でいろいろなことがすぐに終わってしまうという人にはお勧めなんじゃないかなと思っています。

私は丹田という言葉を知ったのは高校生の頃でしたがそれ以降頑張っていろいろなことができたので良かったと思っています。あとは継続のみだと思っているので今の体重はまだ自分が理想としている体重ではないのでもう少し頑張っていこうと思っています。

丹田を意識することによっていつもよりも自分の気持ちの面でも強くなったような気がしています、弱い人は鍛えるといいかもしれません、ダイエットするには大事なところだと感じます。
http://portrade.main.jp/